親バカ青春白書の主題歌は誰?ムロツヨシと永野芽郁のダンスが見たい!

2020年7月スタートの新日曜ドラマが『親バカ青春白書』にムロツヨシ主演で永野芽郁と親子役出演が決定しました。

ついにムロツヨシが主演のドラマ。来ました。ついに!!大好きなムロさんと芽郁ちゃんが親子役で共演って嬉しすぎます。

というわけで、今回はこのドラマについてまとめていきます。今からワクワクがとまりませんね♪

スポンサーリンク

親バカ青春白書 あらすじ・ネタバレ

原作はなく、オリジナルドラマなんだそうです!というわけで、ネタバレがなく安心ですね^^

まずはあらすじからさらっと見ていきましょう。

ムロツヨシが演じるのは、娘が大好きすぎて、娘と同じ大学に入学してしまった親バカなシングル・ファーザー、小比賀太郎(おびか・たろう)。職業は小説家である。通称“ガタロー”は、妻を病気で亡くし、現在は父娘二人で仲良く暮らしている。ガタローの大事な大事な箱入り娘、小比賀(おびか)さくらを演じるのは、永野芽郁。

しかし、そんな親子に大激変が…。女子高育ちで、初の共学となる大学に通う娘を心配しすぎるあまりに、なんと父親が娘と同じ大学・同じ学部に入学してしまったから、さあ大変。

ゼミ、サークル、飲み会、合コン、文化祭、バイトと、大学のことある行事に、娘が心配のあまり、首を突っ込みまくる父。そして若者の青春に父親が紛れ込み、40歳のおじさんが、娘や同級生たちよりも、青春生活をとことんエンジョイしてしまう。

前回戸田恵梨香と共演したドラマ【大恋愛~僕を忘れる君と~】でも小説家役だったムロさん。

しかも妻を亡くしているシングルファーザー役。これも同じ。

なんでしょうね。偶然にしてもなんかつながってしまっている・・w

でも【大恋愛】の時の子供は男の子だったので、、続編ってことではなさそうですね。

 

今回はかなりコメディ要素の強そうなドラマなので、ムロツヨシの強みを全面に出してくれそうな演出が期待出来そうです。

前回のシリアスな内容の役どころでも、その中にはやっぱりどこか面白く仕上げてくれる役者さんだなぁと感じていたので、今回のような親子ホームコメディはめちゃくちゃはまり役とも言えそうです。

学生を娘以上にエンジョイしてしまう、というところはかなり見どころポイントになりそうですね。

ムロさん、どんな学生生活を送ってくれちゃうんでしょうか。

昔、広末涼子主演の「秘密」という映画がありましたが、そこで娘と入れ替わった母親が学生生活を満喫するという話があるんですよね。

なんかそこに通じるものがありそうな。。あのシーンは見ていてすごく気持ちがいいというか共感できるというか。

大人が学生に戻れたなら真剣に遊びたいし学びたい!っていう気持ち、すごくよく伝わった作品だったんです。

今回のムロさんもそんな真剣な大人学生をどう見せてくれるのか期待です。

 

スポンサーリンク

親バカ青春白書 キャスト

小比賀太郎(おびか・たろう):ムロツヨシ
小比賀(おびか)さくら:永野芽郁

現段階ではまだメインのお二人しか発表がありません。

ですが、二人の大学生活がメインになるということから、若者がたくさんキャストとして出てきそうですね。

特に永野芽郁ちゃんが恋したり、憧れたり、慕われたりする男子生徒役に誰が抜擢されるのかが気になります。。

これはまたキャスト発表があり次第お伝えします。

親バカ青春白書 主題歌は誰?親子ダンスはある?

さて、気になる主題歌ですが、、

このドラマは、「今日から俺は‼」で話題になった劇作家 福田雄一さんが手掛けています。

きっとパンチのある主題歌を持ってきてくれるのではないかと思っているのですが。。今のところ主題歌についての発表はないので、予想してみることにしました。

今日から俺は!!では、「男の勲章」で出演キャストがライブハウスで演奏・歌とダンスを披露するというものでしたね。

ここ最近のドラマ主題歌では、多くがダンスを取り入れたもので話題になっていますよね。

逃げ恥を皮切りにますますその風潮は増している気がします。

今回のドラマでも、親子でのダンスや学生たちでのダンスが見られるような、ポップで家族みんなが踊りたくなってしまうようなキャッチーな曲で、ダンスのエンディングがくるのでは??と予想しています。ムロさんと芽郁ちゃんのダンス見たいなぁ♪

楽曲提供は。。一体誰になるのでしょうか??ぼたん予想は「男性アーティスト」です。

ホームコメディにぴったりなのは星野源さんなのですが、、今人気のOfficial髭男dismさんの曲も優しい声でポップかつキャッチーな曲と共感できる歌詞がいいですよね。

 

スポンサーリンク

最後に

7月ドラマが解禁になったということで、夏が近づいてますね~~。最近は家で過ごすことが多くなっているので、ドラマ情報には今後も敏感にキャッチしていきたいと思います!

タイトルとURLをコピーしました